女を磨く♡読書

明日、もっと素敵なわたしになるために。

片思いが終わった時 『言い寄る』

初めて読んだ時、こんな本があるんだ!と驚いた一冊。

帯に書かれた、読者の感想が全てを物語っている気がします。

女                                復刊!?やった!読ませたい人がいっぱい!(33歳 独身 婚約中)  

最近つくづく、「好きな人ほど言い寄れない」って、わかる…(35歳 独身 彼氏微妙)

そういえば、私の本棚にある。ずっとある。(42歳 既婚 彼氏あり)

何十回読み返しただろう。そのたびに発見して共感して、怖いくらい揺さぶられる。こんな小説はほかにない。(35歳 既婚 彼氏なし)

こんなの10代で読んでたの!?…女にはかなわねー…(34際 既婚 彼女なし)

…色っぽい小説だね。へえ こういうの好きなんだ。(41歳 既婚 彼女あり)

30年前に書かれたとは思えない。我々はこれで現代の女性を勉強すべきだ。(62歳 離婚 彼女あり) 

既婚 彼女/彼氏ありに突っ込みそうになるのは置いといて笑。

 

 

乃里子、31歳

主人公の乃里子は、大阪でフリーランスのデザイナーをしている独身女性。

年下の女友達が男に捨てられ、手切れ金を要求したいと言い出したところから物語が始まります。

友人の美々が「あいての男」から金を捲き上げる交渉に、私もついていってくれ、というから、ついていくことにした。

「あたし、気が弱いトコあるから、言いくるめられたら、ソレもそうか、と思っちゃう」

と美々はいう。

美々は「あいての男」から早くいうと捨てられたのであるらしい。

田辺聖子の小説なので、やわらかな関西弁のリズムがなんとも良い心地。

句読点の打ち方がおしゃれというか、話している言葉のようでクセになる感じ。

乃里子は飾らない、ユーモアのセンスがある女性。複数の男性と知り合い、デートし始めるが、実は大好きな相手が他にいます。

私は白状すると三浦五郎が大好きである。そうして五郎の前に出ると、それはいえない。

剛にはあんなにしゃべれる舌が、とたんに動かなくなってしまう。 

どんな男性に対してもチャーミングで愛嬌のある乃里子なのに、心から愛する五郎にはどうしても、言い寄れない。

そうこうしているうちに、なんと五郎には別に好きな人ができてしまい…。

「私の気持ちには全く気付く気配もなかったのに、どうして!?」という葛藤から、「五郎は単純に私が好みじゃなかったんだ」と腑に落ちるまでの描写がすごい。

 

これはなんと今から45年前の1973年に発表された作品。

なのに、現代のお話かのように読めてしまう!

これが一番驚いた点かも。主人公の乃里子が実在するなら、2018年現在76歳ということですからね。

 

独身女性の女友達との距離感、自由恋愛。

嫌なところもズルいところも沢山あるのに、登場人物全てが魅力的。

これほどのびのびと描ける田辺聖子って素晴らしい作家だなあとしみじみ。

 

こんな時におすすめ

片思いが終わった時。

主人公がとある恋愛に敗れ、新たな恋愛が始まるまでを描いた作品です。

どうしようもないことを考えていても仕方ない、未来を向いて生きていこうと思えること間違いなし。

 

これもおすすめ

『言い寄る』は三部作の第1作目。

乃里子33歳、35歳の様子は下記の作品で確認できます。

保存保存

ブログを始めてみました

ルンルンと申します♡

アラサーDINKSです。

大好きな本のことを色々書いてみたいなと思い、ブログを始めてみました。

仕事、恋愛、家族、生き方などなど。

「これを読んで良かったな」、「もっと若いときにこれは読みたかったな」と思った本がいっぱいあります。女友達におすすめするような感じで、本の感想を書けたらと思っています。

よろしくお願いいたします☺︎

reading